一般的に食事回数を増やすと太るという風にマイナスイメージがありますが、食事回数を増やすと良いことがあるんです。ただし、1回分の食事量を減らすなどちょっとした工夫はしなければなりません。それについて説明します。

太りにくくなる食べ方がある

一般的に食事回数は朝昼晩というように1日3回と決まっています。理由は分かりませんが1日3食食べることが健康の基本と言われているし、昔から1日3食食べる習慣が続いているからそれが普通の食生活だと思っている人は多いと思います。しかし、1日3食食べるというのはあくまで目安であり決まっていることではないんですね・・・。

1日2食が健康に良いという書籍もあるし、1日1食で長生きできるという書籍もあります。今の世の中何でもありなんでしょうね。ここでは太りにくくなる食べ方としてオススメしたい方法を紹介したいと思います。

もちろん、食生活の改善に合わせて運動を取り入れられれば、さらに太りにくくなります。太りにくい身体にするために、HMBサプリもおすすめです。運動前に飲めば、脂肪が燃焼されやすくなります。

食事回数を5回程度にする

太りにくいカラダを作るためには食事回数を増やすと良いですよ。食事回数を増やすといっても限界がありオススメできる回数は5回程度です。朝昼晩の食事の間にちょっとした食事をします。当然ですが朝昼晩の食事量は3食の時より減らさなくてはなりません。

簡単に言うと、1日に摂るべき食事量を3回に分けるのではなく5回に分けて摂るのです。当然1回に摂る食事量は少なくなりますね。ですがそれが苦にならなければこの方法でラクに痩せることができます。やってみれば意外とラクなことに気づきますし、次第に違和感もなくなってきますよ。食事のお茶をごぼう茶に変えてみるのもおすすめです。

 

ドカ食いを防ぐことが目的

食事回数を増やしてちょこっと食べを実践すると短期間で痩せることが可能になります。そして痩せにくい体質を改善させることもできます。結局ドカ食いをすることが太る原因に直結するのでドカ食いをどう防ぐかが大事なんですね・・・。

1日3食にこだわるのではなく時間に余裕があれば1日4食でも5食でもやってみましょう。

これをすると空腹感をあまり感じなくなります。空腹感が強くないうちに食べるので少量で間に合います。

こうなればドカ食いとは無縁の生活でいられますよね。3食に縛られることなくちょこっと他べを実践してみませんか?